HOME エントランス歯科の特徴 地域に不可欠な医療機関として

地域に不可欠な医療機関として

林歯科医院とともに、地域に貢献できる喜びと誇り

庄川のほとりで、自然の息吹を感じながら

エントランス歯科として開業したのが平成3年、平成21年には建物をリニューアルしました。私たちは自然に恵まれたこの地域で、歯科医院として皆さんとお付き合いできることをとても喜ばしく思っています。当院のエントランスには大きなガラス窓があり、目前に雄大な山景色が望めます。地域の皆さんとともに、この景色を眺めながら、新たな歴史を刻んでいきたいと願っています。

本院から受け継いだ、地域貢献へのこだわり

当院と同じ庄嶺会グループの林歯科医院は昭和46年に開業。長年にわたり、地域の皆さんとお付き合いさせていただき、訪問医としての活動も行ってきました。「歯科医が訪問医療をするの?」と驚かれるかもしれませんが、お年寄りが多い地域で、とてもご好評をいただいています。また、歯の健康を守る上で、健診や歯のクリーニングを定期的に行える訪問医療はとても有効なのです。当院でも林歯科医院の思いを受け継ぎ、地域貢献ができる歯科医院でありたいと考えています。

校医・園医として、地域の子どもの歯を守りたい

林歯科医院では開業以来、地域の高校、小学校、保育園での担当医を務めてきました。約 6 年前、その役目を当院が受け継ぎ、現在、庄川小学校の校医、東山保育園の園医として定期健診を行っています。歯の健康のためには、幼いころから虫歯にならない生活を習慣づけ、良好な状態を保つことが大切。そのことを知ってもらうために、歯みがき教室といった歯の健康教育も行っています。また、「歯科医院は痛い治療をされる場所」というイメージを払拭し、積極的に歯の健康に取り組む姿勢を育みます。

page top

HOME エントランス歯科の特徴 地域に不可欠な医療機関として